銀座みゆき通り美容外科 くま治療本部 【東京銀座・大阪梅田】

銀座みゆき通り美容外科 くま治療本部 【東京銀座・大阪梅田】

Type and Cause

目の下のくま・たるみの種類と原因

目の下のくま・たるみの症状は【 影ぐま(目の下のたるみ) 】・【 紫ぐま 】・【 茶ぐま 】の3つに分類されます。

影ぐまとは?

影ぐまイメージイラスト

目の下が膨らみ、同時に目の下と頬の境目が凹んで溝になっているために、溝が影で色濃く目立つ症状です。

目の下の膨らみと溝の段差によって影が濃くなっているのです。
目の下の膨らみがたるんで見えるため、『目の下のたるみ』と表現しても良い症状です。

影ぐま(目の下のたるみ)を理解していただくために、まぶたの構造についてご説明しましょう。

目(眼球)は周囲を眼窩(がんか)脂肪に囲まれて、頭がい骨のくぼみ(眼窩:がんか)に納まっています。
言わば脂肪のクッションの中心に眼球が浮かんでいるようなものですが、眼球のすぐ下には丈夫なじん帯があり、このじん帯によって眼球は下方に沈み込まないように支えられています。

まぶたの構造

  • 瞼の構造 正面正面から見たところ
  • 瞼の構造 真横真横から見たところ

目の下の脂肪の量が生まれつき多かったり、眼球を支えるじん帯がゆるんで眼球が下方に沈みこんだりすると、脂肪は押し出されて前に飛び出してきます。
その結果目の下が膨らみ、目の下と頬の境目に溝ができ、溝が影で色濃く目立つ状態になります。これが影ぐまの症状です。

まぶたの構造 解説図
  • ① 眼球を支えるじん帯がゆるんで眼球が下に沈む。
  • ② 目の下の脂肪が前に押し出される。
  • ③ 目の下が膨らみ、目の下と頬の境目に溝ができ、溝が影で色濃く目立つ状態になる。

眼球を支えているじん帯は加齢によってゆるんでくるので、影ぐまの程度は年齢に比例すると考えられますが、じん帯がゆるむ程度や下まぶたの脂肪の量には個人差があるので、子供のころから影ぐま症状が出る場合もあれば、高齢でもほとんど影ぐま症状が出ない場合もあります。

顔のたるみの原因となる目の下の影ぐま・たるみの症状を考える場合、目の下の膨らみにばかり目が行きがちですが、実は頬上の膨らみ具合も大きく影響しています。
頬上の膨らみ(頬上の脂肪)が足りないほど目の下と頬の境目の溝が深くなるために、影が濃くなり目の下のくま・たるみ目立ちやすくなるのです。

頬上の膨らみ(頬上の脂肪)が不足する原因としては、生まれつきの骨格(遺伝)によるものと、加齢によって頬の脂肪が下垂したことによるものがあります。

目の下のくま・たるみがない状態
目の下のくま・たるみがない状態

頬上の膨らみ(脂肪)がある為に、目の下と頬の境目の溝がなくなめらかで、目の下のくま・たるみがない状態

目の下のくま・たるみが目立つ状態

頬上の膨らみ(脂肪)が足りない為に、目の下と頬の境目が溝になり、目の下のくま・たるみが目立つ状態

紫ぐまとは?

紫ぐまイメージイラスト

目の下の皮膚の下には赤色~赤紫色をした筋肉があります。

下まぶたの皮膚はもともと紙のように薄いため、下の筋肉の色が透けて赤みを帯びて見えてしまうが紫ぐまです。

紫ぐまは血行不良が原因と言われる場合が多い症状ですが、加齢とともに皮膚が薄くなったり、頬上の脂肪が減少・下垂したりすることで、影ぐまの症状とともに目立ってくる場合も少なくありません。

当院では、目の下のくま・たるみ解消手術を行う際に、目の下の皮膚直下に薄く脂肪注入を行い、脂肪や繊維組織の層を作ることで透けて見える色合いを薄く目立たなくさせる方法で治しています。

ヒアルロン酸注入で同じ効果を出そうと思っても、注入剤が透明色のために色合いを改善させることが難しく、また脂肪と違い薄い皮膚の下にヒアルロン酸を注入すると、丁度に注入しても後になって膨れてくる場合があるため、脂肪注入が最も適していると思われます。

紫ぐまを完全に消すのは難しいですが、当院の目の下のくま・たるみ解消手術によって影ぐまをなくし、同時に皮膚の赤みを薄くすることができるので、軽いメイクで目立たなくなります。

茶ぐまとは?

茶ぐまイメージイラスト

メラニン色素が色素沈着をして茶色く着色している状態で、アザの一種です。

目の下と頬の境目の溝に一致して着色していることが多い症状ですが、まぶた全体に広がっていることもあります。

茶ぐまを消すためにはレーザー治療(QスイッチYAGレーザーあるいはQスイッチルビーレーザー)とトレチノイン療法(軟膏治療)を交互に何度も繰り返す必要があり、結果的に治療期間が半年~1年以上になることもあります。

茶ぐまが単独で存在する場合は、はじめからレーザーや軟膏の治療を開始しますが、実際には影ぐまや紫ぐまと茶ぐまが混在して、目の下のくま・たるみが目立っている場合がほとんどなので、まず目の下のくま・たるみ解消手術によって影ぐま、紫ぐまを治し、その後の状態に応じてレーザーや軟膏の治療を行うかどうかの判断をします。

  • XvOXbhtg
  • w\EuE_fڏ
  • fBAfڎ
  • \񂩂p܂ł̗
  • ڂ̉̂܁E݂Ɨܑ܂̊֌W
  • N҂̎pӏ
ページトップ